次世代育成支援計画

 社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する

1.計画期間
平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間

2.内容
目標 1 所定外労働を削減するため、ワークライフバランス委員会を設定、実施する。
<対策>
・ 各部署より代表1人を選定
・ 所定外労働の実態を把握
・ 委員会で分析、協議
・ 各課内会議にて現状報告し、意識付け及び改善策の検討を毎月行う

目標 2 年次有給休暇の取得を推進する。
<対策>
・ 年次有給休暇の取得状況について実態を把握
・ 記念日休暇等の計画的取得の導入を検討
・ 年次有給休暇の取得に数を1人あたり年8日以上を目指す